整形外科の医療訴訟

医療訴訟は診療科目別に数が大きく異なっています。
たくさんの訴訟が行われている科目もあれば、ほとんど訴訟のない科目もあります。
たとえば、最も多いのは内科と外科であり、ともに年間200件近く存在しています。


整形・形成外科では平成21年度には124件でした。
大体、130件前後で推移しています。
医療訴訟が起こりやすいのは手術が関連している分野であり、その結果として整形・形成外科では訴訟の数が多くなっています。


整形・形成外科での訴訟には色々なものがあります。
たとえば、手術後に感染症が生じたことにより、裁判が行われたケースがあります。
他にも、ある症状を見落としてしまい症状が悪化して被害を受けたケースや、手術についての説明義務を果たさなかったケースなどさまざまです。


医療訴訟は基本的に医師側に過失があったことを認めることが大切です。
裁判では、客観的な証拠や根拠が要求されます。
それらを提出するのは弁護士の役割です。
整形・形成外科に関する過去に起きた医療訴訟の中には色々なものがあります。
被害者が勝訴したものもあれば、医師の過失が認められずに敗訴したケースもあります。
また、裁判が行われずに示談で解決されることも多いです。


病院側の医療ミスを患者が指摘することが増えています。
これは患者にとって当然の権利なのですが、これが行き過ぎると医療が崩壊してしまうでしょう。
患者も医師も、きちんと医療が行われるために協力をすることが大切です。


当サイトでは、整形・形成外科の医療訴訟についての情報をまとめています。
参考にしてください。


■注目サイト
B型肝炎の医療訴訟について弁護士に無料で相談出来るサイトです >>> B型肝炎 弁護士

Copyright © 2014 整形外科の医療訴訟 All Rights Reserved.